親権者が死亡した場合

xf1755057320l

親権者が死亡した場合には親権はどうなるのでしょうか。例えば亡くなった人の両親が変わりに育てるという場合には後見人申し立てをすると思いますので、その場合は後見人に委ねられることが多いでしょう。家庭裁判所にまずはいって変更の審判を求める申立を行うことはできるのですが、それと同時に後見人選任申し立てをした場合、後見人に親権が渡ることが大半です。子供が残された片方の親と一緒に生活をしたいと主張するなどの事情があれば別ですが、環境をあまり変えない等の理由から、そのままこれまで真剣を持っていた人の親が後見人になって育てることがいいという判断が下されることもあります。

やはりこれまでも一緒に暮らしていたという場合は更に後見人を後押しされることが多いでしょう。なくなってしまって、誰も育てることができないという場合は残された親に親権が渡りますが、その場合も自動的に親権が渡るということはまずありません。きちんと変更のための申し立てをした上でのこととなりますので、亡くなったから自動で親権が手に渡ることはないですから手続きを踏んだ上で手に入れる必要がありますが、それでも子供の福祉を尊重されることが多いでしょう。子供の養育環境や福祉を尊重して決められます。

Comments are closed.