親権者を決める基準

}PgžxQ

家庭裁判所が親権を決める際に用いられる、審査基準は親の監護能力の有無と心身共に健全な状態なのかということ、そして持病などはないのかが基準としてあります。

次に親の子供に対する愛情や子供を育てていく意欲があるかなどを見ていき、もちろん経済状況もチェックされます。これは子供の養育費に支障が内科などを審査するため、必ずしも裕福なら良いというわけではありません。

ですので定食があり、親と子供が共に生活していけるだけの収入があれば、仮に一方よりも収入額が少なくとも、親権者になる可能性はあります。また親族などが支援してくれたり、父親の養育費なども考慮されて判断がされます。

年齢によっても変わってきます。0歳~10歳までは衣食住に関して面倒を見ていきますので、母親の方がなる場合が多いです。

10歳~15歳は子供の意思も尊重されて、子供の発育に合わせた状態が考慮されます。15歳~20歳では15歳を過ぎていれば、しっかりと判断ができるとされ、子供の意見が強く考慮されます。

そして20歳以上となれば、親権の問題はなくなります。また20歳未満であっても結婚をしていれば同じく、親権は関係なくなります。

15歳を過ぎれば子供の意見を尊重しますが、決定権があるわけではありません。その子が今まで過ごしてきた環境との変化に適応できるかなどをチェックしていきます。

Comments are closed.