親権者の変更

離婚の際に決めた親権を変更するのは簡単なことではありません。
特に調停などで争って親権を決めたというような場合は、裁判所が諸々の事情を考慮して判断した答えであるため、基本的に養育環境が著しく悪化していると認められない限りは親権を変えることは難しいといえます。
しかし、それでも親権を変えたい事情がある時には、親権者変更調停の手続きを取る必要があります。
この手続きを取ると、家庭裁判所調査官が家庭訪問や学校訪問、子供との面談など様々な方法で、現在の養育環境や経済力、子供の精神状態などの現状調査を行っていきます。
こうした家庭裁判所調査官の調査と並行して、調停が開かれることとなるのです。
調停では、親権を持っている親側の事情、調停の申し立てを行った親側の事情、そして、子供の気持ちが考慮されます。
ただし、先述したように一度決まってしまった親権を変えることは難しく、申し立てを行った側が不利な状況といわざるをえません。そのため、どうしても親権を変えたい場合は、その事情を明確にして証拠と共に伝えていくことが大切です。
親権の変更は子供にとっても大きなことですので、父母同士で話し合いを行って勝手に変えるというわけにはいきません。争いが長引けばそれだけ子供への影響も大きくなるため、その後のケアまでしっかりと考えた上で行いましょう。

Comments are closed.