子供が複数いる場合

離婚をするということは、夫婦だけの問題ではなくなります。親戚などを巻き込んでいくものでもありますし、何よりも自分達の子供にも大きな負担を与えてしまうことでしょう。さて、その子が一人だけであるならばそれほど複雑な問題には発展しないかもしれませんが、こと複数居るような場合であれば非常に大変な状態になってしまうと考えて良いでしょう。なぜなら、どの子の親権を誰が持つのか、そしてその子自体が夫か妻のどちらについていくのかを選択しなければならないからです。

一般的に親権は母親が取得する割合が高いとされています。しかし、母は女性であることからそれほど多くの収入が見込めるわけではありません。それゆえに、複数の子が居るとしても全ての子を養っていける可能性は低いと考えてよいでしょう。そのような経済的背景からも、夫婦で親権を分け合って連れて行く子の数も分けることが大切になってきます。

ただ、どのように話し合ったとしても、その親権の分割などができないということになれば、家庭裁判所などに裁判を申し込む必要も出てくるかもしれません。しかし、そのような法的手段を用いれば、複雑な親権についての事柄も解決することは可能です。

Comments are closed.