監護者の変更

親権者、監護者の生活環境や経済的な変化によって、子供の利益や福祉を考えたときに、変更したほうがいいという場合には変更することは可能です。変更をするにあたっては協議離婚だったとしても、家庭裁判所に手続きをするための調停、審判を申し立てることになります。申し立ては両親以外にも、子供の親族でも申し立て可能です。

子供自身に申し立てをする権利はないのですが親族であれば可能です。申し立てについては家庭裁判所で行います。変わったら戸籍上も変わりますので調停調書が審判調書を市区町村役場に出して、手続きをすることになります。これが親権者を変えるときのほほうで 監護の場合は、父母の合意があれば話し合いのみでも可能です。戸籍場記載事項もありませんから役場に届け出る必要もありません。親権者の場合のみが厄介だということを覚えておきましょう。

子供に対して親権者としての義務が果たせていない場合には真剣の喪失もありえます。この場合は子供の親族だけでなく児童相談所の所長等も申し出可能です。親権者の喪失が認められた場合でも家庭裁判所に申し出なければいけません。親権者になるために一方の親が勝手に手続きなしではなれないのです。

Comments are closed.