監護権(監護者)とは

監護権とは子供の居所指定権、懲戒権、職業認可権、身分行為の代理権などの権利を言います。それらは親権の一部ですから、原則として親権者が行使をします。しかし親権者が子供を監護できない状態であれば、もう一人の親の方を監護者にする場合が有ります。

この場合は両者の話し合いで親権を持つ親が子育てをしないで、法定代理人、財産管理などの親権の行為をしてもうもう一方の方が親権行為が出来ないが子供を監護し育てることになります。

しかし両者の話し合いで監護者が決まらなければ、家庭裁判所に調停または審判の申し立てをすることが出来ます。家庭裁判所では子供の福祉を最優先し、子供をどちらで育てた方が、子供が幸福になるかを判断します。仮に父母達が経済的または健康的な事情で子供を養育出来ないと判断されれば第三者がなることが有ります。

その第三者は祖父母や叔父、叔母などの親戚になります。当然それらの同意が無ければなることは無いです。

そして監護者の決まった後での変更ですが、親権のように戸籍の移動は無いので、変更は両者の話し合いで大丈夫です。ただ家庭裁判所に申し立てをした場合は、家庭裁判所の指示に従わないと駄目で、両者の話し合いで決めることは出来なくなります。

Comments are closed.